No Hack No Life

ライフハック情報をはじめとして、どこかでだれかのタメになる情報を発信していきたいと思っています。

ブログを書きはじめて思うこと考えたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

おかげさまでこのブログを書きはじめて三ヶ月ぐらいになろうとしています。
アクセス数も少しずつではあるが増えてきて毎日記事を書くのが楽しくなってきました。

記事をツイートしてもらえたりはてなブックマークしてもらえると
もう小躍りしちゃいたくなるぐらい嬉しいものです┌(・。・)┘♪

しかし反対に記事に対する批判やネガティブな意見などをもらうことも増えてきました。 基本的に私は自分の書きたいことを書いていくスタンスでやっているので
場合によっては私の記事を見て不愉快に思われることもあるのだろうと思います。

記事を書く、情報を発信していくにあたってそういう批判を受ける可能性があることは
ある程度は覚悟の上でのことなので構いません。
私が書いた記事について議論に発展するのであれば全然構わないのですが
一方的に感情的な批判を受けるとやはり凹みます。

数日前に少しツイッターで小競り合いがあったのでこういう記事を書いているのですが
私に批判的な意見をぶつけてきた方はどうも私が書いた記事の伝えたかったことが伝わっていないようでした。

まだまだ私の書く文章の意図が伝わり辛く誤解をされてしまうのかもしれません。 「万人受けする記事を書こう!」「皆に理解されたい!」
私はそういう気持ちで記事を書いているわけではなくて
書きたいことを書きたいときだけ書くスタンスなのである程度は仕方ないのかもしれません。

私はこれからも私が見て、聞いて感じたことを私の書きたいように書きます。
ただし、自分の伝えたいことをストレートに伝えられるよう文章の書き方などを学んでいきたいですね。

私がブログを書きはじめたきっかけは
皆さんご存知であろうプロプロガーの「イケダハヤトさん」の存在が大きいです。

まだ東京で消耗してるの? で有名な方ですね!

最近の記事ですとこちらの記事がとても心に残っているので紹介したいと思います。
「プロブロガーになる」ための難易度が上がってきている件について : まだ東京で消耗してるの?

これからプロブロガーになろうと考えている人は、自分を芸人として露出していかないといけません。芸人といっても、別にギャグをやれという話ではありません。記事を淡々と制作しつづけるだけではだめだ、ということです。もっと「個人」にファンを付ける努力をしないと、生きていくのは難しいと思われるのです。 アフィリエイトの世界も多分同じで、専業のアフィリエイターたちも「個人」を出していくようになると思います。そうしないと生きていけませんから。

私は特にプロブロガーになりたいという気持ちはないのですが
もっとこのブログでも「個人」を出していけるようになりたいなと思うのです。

武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)

広告を非表示にする