No Hack No Life

ライフハック情報をはじめとして、どこかでだれかのタメになる情報を発信していきたいと思っています。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする を読みました

このエントリーをはてなブックマークに追加

泣ける恋愛小説です。

私は小説を読んで涙を流したことはなかったのですが
もう、泣きました。1回読んで3回ぐらい泣きました。
元々感情移入しやすいタイプなのですがこれはやゔぁいい。。。

甘くて切ない。
小説を読んでこんなに胸を締め付けられる感覚になったのは初めて。

色々と語りたいのですがネタバレは避けたいので
背表紙にかかれている内容だけ記載しておきます。

京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。 気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて- 「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。 彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。

私はこれから読み返すところです。

泣ける小説をお探しの方は是非ご一読下さい。
全力でおすすめします。

広告を非表示にする