読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Hack No Life

ライフハック情報をはじめとして、どこかでだれかのタメになる情報を発信していきたいと思っています。

Git熟練者も意外と知らないuntracked filesの削除コマンド

このエントリーをはてなブックマークに追加

Gitで追跡されていないファイル(Untracked Files)を削除する手順

git cleanのヘルプで仕様を確認

 % git clean -help
usage: git clean [-d] [-f] [-i] [-n] [-q] [-e <pattern>] [-x | -X] [--] <paths>...

    -q, --quiet           do not print names of files removed
    -n, --dry-run         dry run
    -f, --force           force
    -i, --interactive     interactive cleaning
    -d                    remove whole directories
    -e, --exclude <pattern>
                          add <pattern> to ignore rules
    -x                    remove ignored files, too
    -X                    remove only ignored files

untrackedになっているファイルを確認する

dry run つまりリハーサルを行う。
このオプションを使用することで削除対象を確認できる。

git clean -n
または
git clean --dry-run

untrackedになっているファイル(addでindexに入っていないファイル)を削除する git cleanで、何が削除されるかを確認する。

untrackedになっているファイルを削除する

git clean -f
または
git clean --force

untrackedになっているファイルを実際に削除する。
まずdry-runを実行する。ディレクトリは対象にならないので
ディレクトリも削除する場合は -d も付加する必要がある。

Gitポケットリファレンス

Gitポケットリファレンス

開発効率をUPする Git逆引き入門

開発効率をUPする Git逆引き入門

  • 作者: 松下雅和,船ヶ山慶,平木聡,土橋林太郎,三上丈晴
  • 出版社/メーカー: シーアンドアール研究所
  • 発売日: 2014/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (6件) を見る

広告を非表示にする