読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Hack No Life

ライフハック情報をはじめとして、どこかでだれかのタメになる情報を発信していきたいと思っています。

Cacooに入門して簡単に図形を作成しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はCacooのご紹介となります!

Cacooとは

Cacooは株式会社ヌーラボが提供する図形作成サービスです。 同社が提供するプロジェクト管理ツールのBacklogも有名ですね。

無料プランについて

  • 無料プラン
    • 25シートまで
    • 挿入画像サイズ0.5 MB (512 KB)まで
    • 共有フォルダはひとつまで
    • などの制限があります。

その他プランについてはこちらから確認ができます。
Cacoo - Web上で図の作成とリアルタイムコラボレーション - 料金プラン

f:id:AquaNote:20141123170808p:plain

ヌーラボさんはこちら。

Cacooでできること

サイトマップワイヤーフレームフローチャートマインドマップUML、ネットワーク図などの
図形をWEB上で簡単に作成できます。

これら全て、PhotoshopGimp、時にはExcelなどで作成することが可能ですが 学習コストが高く慣れない人にとっては敷居が高いのではないかと思います。

登録

Cacooを利用するにはユーザ登録が必要です。

↓↓↓ こちらからどうぞ ↓↓↓
Cacoo - Web上でフローチャートやUMLなど様々な図を作成

サイト内の入力フォームに必要な情報を入力、またはGoogle, Twitterなどのアカウントを使用して
利用を開始することも可能です。

f:id:AquaNote:20141123172034p:plain

入力フォームから登録する場合であっても
メールアドレス・名前・パスワードを入力するだけですぐに利用を開始することができます。

f:id:AquaNote:20141123172613p:plain

図形の作成

それでは早速、図形の作成に入っていきましょう。

図形の作成を開始

図の一覧タブ から「新しい図形」を選択し
図形の作成を開始する。

f:id:AquaNote:20141123173221p:plain

テンプレートの選択

図形の作成画面に移動するとまずテンプレートの選択画面が表示されます。
フローチャートマインドマップサイトマップワイヤーフレームなどなどの
豊富なテンプレートの中から自分が作成したい図形に近い物を選びます。

当然、テンプレートを使用せず一から自分で作ることも可能です。

今回は例としてネットワーク図1を選択します。

f:id:AquaNote:20141123174538p:plain

どうでしょう。テンプレートの完成度の高さは。
というよりCacooの完成度の高さは。初めて使った時は本当に感動しました。

図形の追加

では例としてこのネットワーク図にエンドユーザーを追加してみましょう。

ステンシルの選択

画面上の「ステンシル」内の「オフィス」→「オフィス機器」を選択します。

f:id:AquaNote:20141123175534p:plain

ステンシルの配置

下部に表示されているオフィス機器の一覧から使用するステンシル(例ではノートPC)を
配置したい位置へドラッグ&ドロップします。

f:id:AquaNote:20141123180652p:plain

とてもかんたんに直感的に図形を配置できますね。

線でつなぐ

次に、追加したノートPCとインターネットを表していると思われる雲を
線でつないでみましょう。

メニューの線アイコンをクリック、またはキーボードで「L」を押すと線の挿入モードになります。

幅にお好みの太さを入力し、方向を表す矢印とするため終点を矢印にします。

f:id:AquaNote:20141123190233p:plain

線でつなぎたい物通しを線で結びます。

線で結び始めるステンシルの外周にマウスカーソルを会わせると結合点が表示されるので
線を結び矢印を向けるステンシルの結合点へドラッグし結合します。

f:id:AquaNote:20141123191135p:plain

矢印でステンシル同士を結ぶことができました。
他にも色々な図形はあるのですが一旦、今回はここまでで終了とします。
以下の公式ページを見るとできることのイメージはつかめると思います。

公式サンプル

公式ツアー

あとがき

他にも豊富な図形や、文字入力などなどの機能がありますので
図形制作を頻繁にやられる方は一度、導入を検討されてみてはいかがでしょうか。
無料プランでも個人で使用する分には充分に活用することができます。

広告を非表示にする